top of page

第16回トヨタ 夢のクルマアートコンテスト

未来の町で走る夢のクルマを描くことを通して、子供にも夢を持つことの楽しさや大切さを感じて育って欲しい、、、。そんな願いを込めたTOYOTAのコンテストに応募する!と自分で決めてトライした松本蒼くん(中1)。


夏休みに学校の宿題ポスターと並行して企画を考えました。


どんな車?→山間部の険しい道でも生活物資を運べるような。食べ物がいいな。 

誰に運ぶ?→買い物に行けない人。じゃあ買い物難民かな

形が自由に変わるといいな→動力は未来のエネルギーかな    

大賞に入ってワールドコンテストに出したい→じゃあ日本の伝統工芸いいんじゃない?


そこから、伝統工芸を調べ、「組木」のアイデアを思いつき、道に合わせて形が変わる組木細工の車に決定。組木の美しさにびっくりしたり、コンビニカーも調べて商品の写真を見たり。車の前にはごみ袋を回収するスペースもあります。もちろん運転入力や受発注などはAIのタッチパネル。


シンボルはキャッチ―にしたいから、とアマビエをモチーフにしました。願いがこもっていますね。

デザイン、伝統工芸、エネルギー、過疎化、ごみ問題、いろんな社会問題を知り、この楽しい車で解決する企画ができました。

部活があって絵を描く時間がなく、最後は家で仕上げました。

みなさんと同じ水彩画の手描きです。


何もない所から物を作るとき、知識と創造力、自分なりの信念、最後までやり遂げる熱量がいります。今の年齢でできることをフル活用し、楽しんでこなした蒼くん。

結果はまだだけど、この経験は大人になってもきっと役に立つよ。 PADDLEで一緒に考えてくれてありがとう。



Comments


bottom of page