top of page

第48回 全日本こども美術大賞展 表彰式

2024年3月23日(日)、兵庫県民会館にて表彰式がありました。

おめでとうございます!

教室も審査員特別賞をいただきました。皆さまのおかげです。


保護者さまに直接会える貴重な機会、少しお話させていただきました。


PADDLEでは子どもの描きたい気持ちに添うため、同じモチーフを使っての一斉授業をしません。

技法や基礎的なことは年齢や性格、感性に合わせて、そのつど直接指導しています。


また、絵画は勉強や受験、例えば平郡が主催するプログラミングのように「答え」がないこと。

考え、思い悩んだり、難しかったり、簡単にはいかない。でもその分できあがったら深い達成感と大きな楽しさ、充実感があります。


社会に出たら、答えのないことばかり!そのとき、自分の考えをしっかりもって進んでほしい。


入賞したらいい絵なの?入賞しなかったら??

もちろん各コンクールはそれぞれにきちんと選んでくださってますが、受賞にかかわらず、すべての絵が「思い」と「努力」の1枚!

子どもの世界でのジャッジ基準はすべてお父さん、お母さんの笑顔なんです。絵を見たときにまずは過程を認めてあげる、その小さな積み重ねが成功体験となり成長の糧となります。


PADDLEの保護者さまはいいご家族の方ばかりなんです。どうか、これからも、子供の気持ちに丁寧に向き合ってあげてください。





Opmerkingen


bottom of page